カード情報はどこで抜き取る?

警察に電話


最近はどこの銀行のATMに行っても、必ずといってよいほど、
無人引き落とし機にミラー(鏡)が取り付けられていますよね?
アレは後ろから暗証番号を覗き込むといった原始的ながら効率の良い
犯罪手口が行われていたからです。


しかし、スキミングでもっとも犯罪が行われる場所は、
すでに話の前からイメージしていたかもしれませんが、
「歓楽街」や海外旅行の「観光地」が多いみたいですね。


支払いのとき、店員にカードを渡したら、そのカードが情報を
読み取る機械にかけられていて、残りの限度額をゴッソリと
使われていたというケースですか?


一度、実際にその機械がどんなモノなのかテレビで出てきたのを
見ましたが、ホントに一瞬でコピーできるので驚きました。
マンションのカードロックにカードを通すのと同じように、
専用の機械に通して磁気を読み取るだけですからね。


もしくは、大きなニュースにもなった、ゴルフ場でカードのうえに
小型カメラが設置されていたというパターンもあります。


どちらにも共通して言えることは「店の人間」が犯罪の手引きを
しているというトコロですね。


旅行、観光、レジャー施設といった気が緩む瞬間に狙われることが
多いので、クレジットカードやキャッシュカードでも取り扱いには
充分に注意が必要です。


もちろん、電子マネーにもそれはいえていることです。
ポストペイ式の電子マネーの暗証番号といった情報を抜き取られたら
クレジットカードと変わらない被害額になりますからね・・・

おサイフくんQUICPay
>> TOYOTAが発行!信頼度抜群のおサイフくんの詳細はコチラ

関連エントリー

 
Copyright © 2007〜2015 電子マネー・お財布携帯をやさしく解説. All rights reserved