id(アイディ)について

id(アイディ)について


「id(アイディ)」とは何なのか?


NTTドコモがはじめたケータイクレジット。
そのブランド名が「id(アイディ)」と言われます。
おサイフケータイで有名になっているので、ご存知の方も
多いと思います。


ひと言で言えば、携帯電話をそのままクレジットカードとして
使えるサービスですね


「id(アイディ)」のオススメポイント


おサイフケータイは、使ってみるとビックリするぐらい便利です。
使えるコンビニもだいぶと増えてきており、全国どこでも使えるように
なる日も近いでしょう。


レジのスピードがものすごくスムーズであり、ムダなお釣りなども
出ないのでサイフも軽い、小銭を入れすぎないことで、財布のカタチが
崩れることもありません。


アナタは知っていますか?財布を長持ちさせたいのであれば、
出来る限り小銭をつめないほうがいいということを。
ブランド物でもっとも頑丈だと言われているヴィトンでも
小銭を入れ続けていると・・・


キズついたサイフ
※ワタシの前の財布の画像です。小銭の跡がクッキリ


実際に高級なサイフを使っているヒトは、財布とは別に小銭入れを
持ち歩いていることも珍しくありません。


携帯を落としても大丈夫なの?


おサイフケータイを持つうえで、もっとも怖いと思われる部分であり、
持つことに抵抗がある部分が「紛失、盗難時」ですね。


結論から言うと、財布を落とすより、よっぽど安心です。
なぜならば財布を落としたら、中に入っている現金は
抜き取られる可能性は高いです。


なぜならば使わないときは「4桁の暗証番号」によるパスワードを
入れないと使えないように出来るかですね。クレジットカードの
ようにカンタンにスキミングできないメリットも強いです。


さらに「遠隔ロック」と呼ばれるサービスが付けられています。
他の携帯や公衆電話から他人が悪用できないために遠隔操作で
ロックすることが出来る機能です。


このように不正利用を防ぐためのシステムはバッチリです♪


「id」と併用するとお得なクレジットカードをご存知ですか?



三井住友VISAカード「id」
他の電子マネーであるエディ(Edy)や楽天クレジットやANAのマイルなどにも貯めたポイントを使えるのは大きいです。あと三井住友というブランド自体が信頼性が高いのも特徴的ですね。


★イオンカード「id」
イオンモールで買い物をする方が多い方にとって、
もっとも使える「id」クレジットカードです。JR東日本のsuikaも
使えるカードもあることから、関東圏では最も人気の高く便利な
「id」カードのひとつですね^^

おサイフくんQUICPay
>> TOYOTAが発行!信頼度抜群のおサイフくんの詳細はコチラ

関連エントリー

 
Copyright © 2007〜2015 電子マネー・お財布携帯をやさしく解説. All rights reserved