電子マネーが普及した理由

電子マネー


電子マネーが普及している最大の理由として言われているのが、
「非接触型IC」という技術で作られているからです。


非接触型ICでは、カードリーダーと呼ばれるカードの読み取り機、
もしくはライターと呼ばれる書き込み機に触れることなく、
かざすだけで、情報をやりとりすることができます。


イマイチ、ピンと来ない方も多いでしょうから、実例を挙げますと、
電気屋さんでパソコンを購入、クレジットカードで支払うといった場合、
店員さんが「ピ!」っとカードを機械に通しますよね?


これが「接触型」であり、カードを読み取っているわけです。


次に電子マネーの実例を出しますが、JR東日本が出した定期券代わりに
使うことができるお財布携帯のsuika(スイカ)が大ヒットしたことで、
改札口で携帯をかざして電車のホームに入っていくサラリーマンや
会社員の映像が頻繁にニュースで流されました。


本当に上でかざしているだけです。読み取り機などに通さなくても
キッチリと情報を読み取っているわけですね。


「suika(スイカ)」以外にも、ソニーが開発した「FeliCa(フェリカ)」
といった電子マネーも有名ですね

おサイフくんQUICPay
>> TOYOTAが発行!信頼度抜群のおサイフくんの詳細はコチラ

関連エントリー

 
Copyright © 2007〜2015 電子マネー・お財布携帯をやさしく解説. All rights reserved