発行している会社が潰れた場合

会社が倒産


電子マネーを発行している会社が潰れた場合はどうなるのか?
気になるヒトも多いはずです。


なにせ現在の電子マネーはクレジットカードのように限度額から
使った分だけ、後から徴収される仕組みではなく、自分が使う分を
先に入れておき、そこから使うパターンが多いからです。


自分が先にお金を入れておいて、会社が潰れたらスゴク大きな
損になるんじゃないのか?と怖くなりますよね?


では、お答えしますね。現在の法律上では、預けていた分の半分の
お金は戻ってきます。5万円預けていた会社が潰れた場合、25000円が
戻ってきます。


そんなに大金を預けるヒトはまず居ないと思うので、
そこまで大きなリスクになることは無いでしょう。クレジットカード
のように限度額50万引き出された!といったケースにならないと
いうことですね


ただ、それはいまだけであり、これから先、電子マネーの中には
クレジットカードに近いシステムのモノも出てくるので、その場合は
注意が必要となってきます。

おサイフくんQUICPay
>> TOYOTAが発行!信頼度抜群のおサイフくんの詳細はコチラ

関連エントリー

 
Copyright © 2007〜2015 電子マネー・お財布携帯をやさしく解説. All rights reserved