電子マネーのスキミング対策

スキミング


「電子マネーといっても所詮はカード、クレジットカードみたいに
情報を抜き取られたりしないのか?」


いまのところ、クレジットカードやキャッシュカードでの
被害が多く、電子マネーでは、そこまで被害にあっているヒトは
出てきていません


理由としては、クレジットカードのポストペイ(後払い)が
主流なのに対して、電子マネーはプリペイド(先払い)のカードが
主流となっているからですね。


後払いだと、請求が来るまで気がつきにくいですが、
先払いだと使おうとした瞬間、すぐに気がつきますよね?
しかも先払いに100万、200万と入れることは無いので、
被害額も入れている分だけで済むというわけです。


現金しか入れていなかったサイフの被害額がその中に入っていた
お金だけなのと似たような感覚ですかね?


あと、非常にスキミング対策に優れているICチップが搭載
されているという部分も大きいでしょう


クレジットカードやキャッシュカードは何年も前から同じモノを
使っているヒトも多いですが、電子マネーは最近出てきたばかりなので
そのぶん防犯レベルも高いというのも理由のひとつとして
挙げられています。


ただ、勘違いしないでいただきたいのは、決していまのクレジット
カードやキャッシュカードがダメだというわけではありません。


キャッシュカードなど、クレジットカードのように更新も無いので
何年、何十年も前から同じカードを使っているケースは多いです。
そんなに古いカードにスキミングの対策なんて施されている
わけがありませんからね・・・


新しいカードを発行するなり、新しいスキミング対策に優れた
クレジットカードを持つといった対策しておくことを
オススメします

おサイフくんQUICPay
>> TOYOTAが発行!信頼度抜群のおサイフくんの詳細はコチラ

関連エントリー

 
Copyright © 2007〜2015 電子マネー・お財布携帯をやさしく解説. All rights reserved