暗証番号を決めるときの注意点

暗証番号


クレジットカードや電子マネーの暗証番号が自分の誕生日や住所、
電話番号といった場合、盗難保障が付いているカードやモバイルで
あっても、保障がされない場合があります。


まぁ普通は、どの電子マネーを登録する場合でも、暗証番号を記入する
部分に「生年月日や住所、電話番号」「0000」といったわかりやすい
番号は避けるようにしてくださいと注意が銘打ってあるので、
そのとおりに従うだけですね。


もし、その内容に従わなくて、誰かに暗証番号を話したわけでもなく
スキミングなどで情報を抜き出されたとしても、暗証番号が住所だった
というだけで、保障が降りない場合もあるので気をつけましょう


さすがに試したことは無いのでわかりませんが、実際にはまず保障
されないと思っておいたほうが良いのでは無いでしょうか?
契約欄にはそうやって書かれているわけですしね


ちなみに暗証番号を警戒しすぎて、自分の持っているいくつものカード
ごとに、自分でも覚えにくい暗証番号にするのは、自分自身がパニック
になるのでオススメしません。


覚えられないからと言って、メモなどを残していては本末転倒ですしね。
メモも同時に誰かの手に渡ってしまったら、スキミング以前の問題と
なってしまいます。


そして、ATMなど暗証番号を一日に4回間違えるとカードが防犯ロック
からカードが使えなくなり、銀行などの場合、奥の部屋まで連れて
いかれて、親に電話をかけられたりします


これは自分の友人が実際にやったマヌケなミスです。
かなり恥ずかしかったみたいですよ(笑)


盗まれるのが怖くて、銀行も言っているように、何度も暗証番号を
変えていたら、自分自身がどの番号だったのか忘れてしまい、
勘違いして前のカード番号を打ち込んでいたそうです


不謹慎ですが、そんときゃ、みんなで大笑いしていましいました^^

おサイフくんQUICPay
>> TOYOTAが発行!信頼度抜群のおサイフくんの詳細はコチラ

関連エントリー

 
Copyright © 2007〜2015 電子マネー・お財布携帯をやさしく解説. All rights reserved