請求書はちゃんと目を通すこと

電子マネーの請求書


電子マネーのICカードには、クレジットカードの機能がプラスで
付いているモノも出てきています。もしくはクレジットカードに
電子マネーの機能が付いたカードですか?


どちらでも良いのですが、クレジットカードの機能がついている
ICカードは、クレジットカードと同じ注意が必要です。
スキミング対策などは特に注意が必要です。


で、スキミングで最も恐ろしい部分は「自分が気が付かないうちに
いつの間にか情報を抜き取られていた」です。クレジットカードの
明細票を見て、初めて気が付いたという被害者も少なくありません。


抜き取られた情報を元にコピーの偽造カードを作られて、
そのカードで高額の電化製品などを購入して、他に転売して
お金に換金というのが王道となっていますね。


もしくはクレジットカードでキャッシングが出来るATMなどで
現金を引き出されたりですか?


しかし、後者のほうは銀行や他の金融機関もスキミング対策は
充実してきているので、高性能の監視カメラでしっかりと録画を
されています。


「何時何分にどんな人間が偽造カードで現金を引き出していったのか?」


といったコトをときには、ニュースなどでも報道するので、
高額の買い物をした後、転売という手法のが多いみたいですね
金融機関に比べたら、セキュリティという面では甘い部分も
ありますからね


しかし、そういった犯罪に使われたときのために、各カード会社は
「60日以内の盗難保障」もしくは「盗難保険」というモノが基本的な
サービスについています。


コレで自分が被害を受けたのを後から請求書を見て気が付いたと
しても、保障してくれるわけですね。


しかし、この請求書を見ていなかったがために、気が付かないまま
60日を経過してしまうと保障してもらえません(汗)


よって、毎月送られてくる請求書には確実に目を通すように
しておいてくださいね、確実に!!

おサイフくんQUICPay
>> TOYOTAが発行!信頼度抜群のおサイフくんの詳細はコチラ

関連エントリー

 
Copyright © 2007〜2015 電子マネー・お財布携帯をやさしく解説. All rights reserved