ポストベイ式の電子マネー

ポストベイ式の電子マネー


いまのところ、日本ではまだプリペイド式の電子マネーが多く、
ポストペイ式(後払い)の電子マネーは少ないです。
電子マネーでは最大級のヒットを飛ばしているsuika(スイカ)や、
JR西日本「ICOCA」、Edy(エディ)などもプリペイド式ですよね。


しかし、その中で公共機関では珍しいポストペイ式の電子マネーも
出てきました。スルッとKANSAIが出した「PiTaPa(ピタパ)」ですね。
なぜ、ポストペイにしたのか?という理由としては、
設置などの投資金額がプリペイドよりも安く済むらしいです。


そしてポストペイではケータイクレジットの「id」が一番有名です


ポストペイは名前通り後払いということから、金融企業でない
民間企業が出した場合、お金をちゃんと回収することが出来るのか?
といった不安な一面もまだありますね


ポストペイ式の電子マネーのメリット


ポストペイ式の電子マネーのメリットは、クレジットカードを使い
慣れている方ならば圧倒的にポストペイとなるでしょう。
なんせ、ほぼ同じシステムです。


チェージなど気にする必要なく、電子マネーを使えて、後日自分の
銀行口座から引き落としなので、チャージを気にしたり、入れたりと
いった手間がありません


そして落とした場合の遠隔ロックなどは同じように使えるので、
おサイフケータイの場合、クレジットカードよりもスキミングなどの
被害に合う確率は低いですね。


ポストペイ式の電子マネーのデメリット


クレジットカードと同じ扱いになるので、クレジットカードと
同じ危険性があるということですね。スキミングといったカード
情報の読み取りなどですか。


スキミングで個人情報が抜かれる不安に関してはプリペイドでも
同じことなのですが、被害を受ける金額がポストペイのほうが
圧倒的に大きいです。


電子マネーはお金じゃない感覚になっているヒトも多いので、
お金をついつい使いすぎる傾向がある方は、クレジットカードよりも
使いやすいため、使いすぎないように注意が必要です。

おサイフくんQUICPay
>> TOYOTAが発行!信頼度抜群のおサイフくんの詳細はコチラ

関連エントリー

 
Copyright © 2007〜2015 電子マネー・お財布携帯をやさしく解説. All rights reserved